音楽をはじめ多趣味に生きる「えのさき」がお送りする雑記ブログ。 音楽やガジェット、ライフハックetc.について発信しています。ブログ以外にもTwitterやyoutubeで活動中!

ギターの梅雨・湿気対策で使えるフレットガードを購入した話

どうも、えのさきです。

今年の梅雨は7月になっても明けていないので例年に比べて少し長い気がします。

梅雨が長いのでギターの湿気対策が気になり始めた中、Twitterのタイムラインを眺めていたら偶然にも除湿に使えるフラットガードを見て思わず購入しちゃいました。

フレットガードについて

 

 

フレットガードとはギターなどの弦楽器が運搬中に弦のこすれ等で本体にダメージが入るのを防ぐ製品です。

今回購入したものはシリカゲル等が含まれていることで湿度調整や防臭機能が加わったような形です。

ちなみにギターの湿度調整はネックの反りや弦・フレット等の錆付きに影響するので

何種類か同じ性能のフレットガードはありましたが、今回はシェクターのGR-FG-CF/Gを購入しました。

あえてこれを購入したのはシェクターのギターとおそろいにするためってだけなので、特に秀でた性能があるわけでは無いです。
(強いて言うならラインナップの中では一番見た目が良かった)

実物は思ったよりペラペラ…。ロゴのおかげで見た目は悪くないんですが…

ちなみに7弦といったネックの広いギター対応のために横幅は広めに作られているので、ベースや6弦ギターだと若干はみ出たりします。

柔らかい材質もあって横幅はハサミで調整可能と書いてありますが、切ると確実にロゴが見切れてダサくなるのでそのままにしました。

使用感について

シェクターのギターに使用してみました。見た目がフレットレスのようになるのが何気に好きです。

このフレットガードに貼ってある四角のシートが湿度調整の目安です。

水色であれば乾燥していて桃色であれば多湿ということになります。

桃色になったらフレットガードが十分に水分を含んでいるというこになるので、その場合は干すことで再び使用可能になるそうです。

購入した日から連日雨が続いていて試すにはちょうど良かったので早速使用して数日放置してみました。

こちらが数日放置したギターとフレットガードです。

水分を含んで桃色になるのを期待していましたが、それとは裏腹にめちゃくちゃ水色になってる…

原因は頻繁にエアコンの除湿を使うので部屋の湿度がそこまで上がらなかったからだと思います。

流石にエアコンの除湿無しに連日過ごすのは自分が耐えられなかったので、とりあえず通常の生活であればある程度の湿度調整は行えているのが分かったということで閉幕。

おわりに

フレットガードの効果というよりエアコンの除湿機能が思いのほか優秀ということに気が付きました。

正直ギターへの影響は長時間使ってみないと分からないので現時点では何とも言えませんが、ネックの反り対策とまではいかずとも弦やフレットの錆付きや匂いの抑制くらいになったら儲けもの程度に思った方が良いかもしれません。

最新情報をチェックしよう!