音楽をはじめ多趣味に生きる「えのさき」がお送りする雑記ブログ。 音楽やガジェット、ライフハックetc.について発信しています。ブログ以外にもTwitterやyoutubeで活動中!

オーケストラ初心者のバイブル「やさしく学べる オーケストラアレンジ」レビュー

どうも、えのさきです。

以前Kompleteという音源を購入(アップグレード)した関係でオーケストラの作編曲も可能になりました。

その教材として「楽器の重ね方がイチからわかる! 実践! やさしく学べる オーケストラアレンジ」という書籍を購入したので紹介します。

未経験者にとにかくやさしい

僕は吹奏楽部や管弦楽部に所属していたわけでは無いのでオーケストラに関しては全く知識がありません。

そのため音源はあっても何から考えていいか分からず、なかなか手を出せずにいました。

そういったオーケストラをゼロから始める人にはとても心強いガイドブックだと思います。

この本から学べること

知識の無い初心者の目線からすると以下の内容がこの本から学べました。

  • オーケストラの基礎
  • 各楽器の音域や特徴、奏法等
  • 和音の組み方
  • オーケストラアレンジ

それぞれ簡単に説明していきます。

オーケストラの基礎

オーケストラの成り立ちや人数構成、配置について学べます。

特に配置に関しては楽器数やPANの調整等に役立ちました。

ちなみに本書では五線譜の楽譜がある程度読めること前提で、楽譜の説明に関しては音符記号くらいなのでご注意を。

各楽器の音域や特徴、奏法等

序章と1~5章で構成されている本書のうち4章分が楽器の説明に充てられていて、弦楽器・木管楽器,ホルン・金管楽器・打楽器,鍵盤楽器,ハープに分けて説明されています。

ヴァイオリンやトランペット、フルートのように有名な楽器でもその扱い方について理解している人は少ないであろうし、ヴィオラやオーボエ、チューバといったあまり良く知られていない楽器についても理解が深められます。

和音の組み方

オーケストラで使用する楽器は一部奏法を除いてピアノやギターと異なり単音のみで演奏します。

そのためオーケストラでは同じ楽器を複数編成することや異なる楽器と重ねることで和音を構成しています。

基本的には同じ楽器内で和音を構成するより異なる楽器間で和音を構成する割合の方が高いので、それらの和音内での役割や組み合わせ方を学ぶことができます。

オーケストラアレンジ

最後にオーケストラアレンジを行う上でのコツやアドバイスについて書かれています。

実践例として「いつか王子様が」をオーケストラアレンジした楽譜が載っていてYoutubeで実際の音を聴くことができます。

楽譜と演奏から各パートの構成や組み合わせ方、全体の流れ等を学ぶことができるので、なかなか学びにくい実践的な内容もこの例を参考に把握できると思います。

おわりに

必要な情報が端的にまとめられていて知識の無い人でもとても読みやすかったです。

大変良い教材だったので試しに曲を制作してみましたが、ちゃんとした形にするのは結構時間がかかりそうです。

あくまで基本を理解するための本なので、読破したらもう少し深堀りした書籍にトライしたり経験を積んでいく工程が必要だと思います。

個人的には澤野弘之さんのような楽曲にあこがれているのでオーケストラについては引き続き勉強していこうと思います。

最新情報をチェックしよう!